クリスマス島Q&A

 

Q1:クリスマス島はどこにありますか?

ハワイ島から南へ2,000㎞、ガラパコス諸島から西へ7,500㎞

キリバス共和国にあります

自然豊かな、世界で一番大きいサンゴ礁の島です

 

Q2:ミネラル成分はどのくらい含まれているの?

海水をそのまま天日で干しあげています。

ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カリウムがそのまま含まれています

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 0Kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 37.9g
カルシウム 170mg
マグネシウム 60g
カリウム 26mg
塩化ナトリウム 96.36g
(財)日本食品分析センター分析試験成績結果

Q3:どんなお料理に合いますか?

海を原料とした塩ですので、海の幸との相性はバツグンです!

お料理の上にパラパラと飾るようにふりかけ、直接舌で味わうお塩として、

お楽しみいただけます。

ゆでた野菜には、甘味とコクが増します。

ぜひ、お試しください。

 

 

Q4:クリスマス島は昔核実験を実施されていたのでは?

   放射性物質が気になります

クリスマス島塩の安全性」のページに記載している通り

放射性物質は基準値が100ベクレルのところ、1.66ベクレル未満の検出量です。

(こどもみらい測定所にて検査)

また、NHKBSの特集番組では、

「世界一番紀行 <紀行> 世界で一番大きなサンゴ礁の島 ~キリバス・クリスマス島~」

では、「50年を経過した現在、島の残留放射物はない」と明言されております。

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012035617SA000/index.html

Q5:専用瓶に入れたお塩が固まってしまい、振っても出づらいです。

   何か良い方法はないでしょうか?

貴重なご意見ありがとうございます。

塩は水分を含むと固まってしまいます。瓶の中に生米を15粒程度

入れておくと、お米が水分を吸収してくれて、瓶の中の塩をサラサラに保つ
効果があります。
ぜひ、お試しくださいませ。

 

Q6:よく見ると、黒いものが混ざっています。これは何でしょうか?

大変申し訳ございません。
クリスマス島の塩は、塩田にて結晶になるまで、乾し上げ、
その状態を粉砕処理を施してパッケージしております。
ごく稀ですが、海水が固まるプロセスにて藻が混入したまま
袋詰めされる場合がございます。
お届けする際に、充分注意をはらっておりますが、
お客様にてお気づきの場合、藻が混入していないものとお取替えいたします。
お手数ですが、着払いにてご返品いただければといます。